◆オランジュ 渡辺シェフからのポワローの推薦文

フランス料理の世界では、必ずと言ってよい程頻繁に使用される野菜がいくつかあります。

しかし、そのような野菜であっても、まだ日本では殆ど生産されていないものがあります。

それが、とかちポワロー(リーキ、ポロねぎ)でした。

私のわがままから始まったポワローの生産。 竹中さんの挑戦と努力によって、年々おいしくなっているのを感じます。 「料理は素材が全て」と言いますが、それを支えているのはこのような生産者の姿勢なのです。

同じ産地で生活しているとわかることですが、その仕事の厳しさは簡単に言葉にできるものではありません。

一度使ってみればわかります。 「素材が全て」という事を・・・



◆オランジュ

北海道帯広市西3条南9−2大同生命ビル1F
0155-67-7878

http://www.l-orange.jp/


≪材料≫
●とかちポワロー(リーキ、ポロねぎ)のスライス500g
●玉ねぎ(スライス)200g
●メークイン(皮を剥いて5mm〜8mm幅にスライス)100g
●ご飯(白米を炊いたもの)100g
●キャノーラ油40g
●無塩バター20g
●鶏ガラスープ1.5L
●生クリーム150cc
●牛乳250cc
●カレー粉3g

≪作り方≫
▼1)白い部分を繊維と直角になるようとかちポワロー(リーキ、ポロねぎ)をスライスする。 玉ねぎも同様にスライスする。
▼2)鍋を中火で温め、キャノーラ油と無塩バターを入れて溶かし、1)を加える。中火〜弱火くらいの火力で20分ゆっくりと炒める。
▼3)処理したジャガイモを2)入れ、さらに5〜8分炒める。ジャガイモが透きとおってきたら、カレー粉を加え良くまぜる。
▼4)鶏ガラスープ、生クリーム、牛乳を3)加え、一度沸騰させる。そこに、ご飯を加え鍋の中央がやっと沸くくらいの火力で20分煮込む。
▼5)最後に、塩・コショウで味を調える。出来上がったものの粗熱が取れてから、ミキサーで攪拌し、滑らかして再度沸騰させてから急冷する。(きれいな保存容器で3〜4日保存可能)

注意:冷蔵庫に保存しているものを温める場合、少量の水または牛乳で伸ばして濃度の調整をすること。(非常に焦げやすいので注意)